「SAKE ART PROJECT」始動 焼酎とアート楽しんで 日置・原口酒造

(2020/08/11 13:00)
「SAKE ART PROJECT」第1弾で発売された本格焼酎「画」
「SAKE ART PROJECT」第1弾で発売された本格焼酎「画」
 焼酎と一緒にアート楽しんで-。原口酒造(日置市)は、福岡市のデザイン会社ドーターズクリップと連携し、アーティスト作品をラベルに配した本格焼酎「画」を発売した。ラベル裏のQRコードから他の作品も見ることができる。「SAKE ART PROJECT」と銘打ち、今後は音楽やダンスなど幅広い分野とも連携したい考えだ。

 福岡市の画家で、デザイン会社を経営する徳永昌弘さん(43)が、大好きな鹿児島の焼酎を若い世代や九州外にも広めたいと企画。新型コロナウイルスの影響で展覧会やイベント中止が相次ぐアーティストに活動の場を提供する狙いもある。

 「画」には、徳永さんはじめ3人のアーティストが参加。焼酎はそれぞれの作品からイメージしたオリジナルで、蜜芋焼酎や古酒ブレンド、芋本来の香りが味わえる焼酎など3種類ある。25度。各720ミリリットル入り1880円。鹿児島市の焼酎維新館や同ホームページで購入できる。

 原口酒造の渡辺大作社長(49)は「従来の焼酎のイメージとは異なるデザイン。若い世代に手に取ってもらえるのでは」と期待する。徳永さんは「お酒もアートも自分の時間を豊かにする。焼酎といろいろなアートをつなげていけたら」と話す。