時計 2020/08/22 22:00

自由研究に薩摩藩英国留学生の歴史を 記念館サポート いちき串木野

職員の解説を聞く児童ら=いちき串木野市の薩摩藩英国留学生記念館
職員の解説を聞く児童ら=いちき串木野市の薩摩藩英国留学生記念館
 いちき串木野市の薩摩藩英国留学生記念館は、小中学生を対象に夏休みの自由研究をアドバイスしている。幕末に西洋技術を学ぶため旅立った藩士の歴史を、職員が展示物を交えて解説する。29日まで。

 職員が約2時間、生麦事件から英国留学生派遣までの経緯と藩士の軌跡を、館内を引率しながら説明する。研究テーマを決めるための電話相談を事前に受け付け、要望があれば参考資料や年表も当日提供する。要予約で各日先着4人。

 14日、鹿児島市から訪れた石谷小6年の鵜狩旭陽(あさひ)君は、東京国立博物館の初代館長となった町田久成について学習。町田の肖像画や史料を職員と見学しながら「歴史は難しいけど説明を受けてなんとか理解できそう。残り2週間でまとめたい」と話した。

 参加児童と保護者1人まで観覧無料。火曜休館。同館=0996(35)1865