時計 2020/08/23 22:00

来島自粛を解除 与論町

南日本新聞ニュース
 与論町は23日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生を受けて発表した来島自粛要請を解除した。7日を最後に新たな感染者が確認されず、感染者や接触者の経過観察が終了したことを踏まえた。

 同日、ホームページに7月24日から掲載していた来島自粛のメッセージを更新、新たに来島者に健康状態を確認した上での訪問を求め、「3密」対策や消毒など感染予防の徹底を呼び掛けるメッセージを掲載した。

 人口5000人余りの同町では7月22日に初の感染確認が出て以降、50人以上が新型コロナに感染し、800人以上がPCR検査などを受けた。山元宗町長は南日本新聞社の取材に「町民一丸となってクラスターの再発を防ぎながら、経済活動を再開させたい」と話した。