時計 2020/09/03 14:10

救助の乗員「横波受け転覆、沈んだ」  奄美沖で遭難のパナマ貨物船

第11管区海上保安本部の巡視船「うるま」から下船するフィリピン人男性(中央)=3日午前10時10分ごろ、奄美市の名瀬港
第11管区海上保安本部の巡視船「うるま」から下船するフィリピン人男性(中央)=3日午前10時10分ごろ、奄美市の名瀬港
 奄美大島西の東シナ海で、パナマ船籍の貨物船「GULF LIVESTOCK1(ガルフ ライブストック1)」(1万1947トン、外国人乗組員43人)が遭難した事故で、2日夜に救助されたフィリピン人男性が、第10管区海上保安本部の事情聴取に、「エンジン1機が停止した後、船は横波を受けて転覆し、沈んだ」と説明していることが3日分かった。

 10管は引き続き、巡視船艇、航空機で残る42人の乗組員の捜索を続けている。

 10管によると、男性は45歳の1等航海士。船内放送の指示でライフジャケットを着用。海に飛び込んだという。「転覆から救助されるまでの間は他の乗組員を見ていない」と話している。