時計 2020/09/06 09:04

特別警報可能性低く、台風10号気象庁発表

南日本新聞ニュース
 気象庁は6日午前7時42分、大型で非常に強い台風10号の勢力がやや弱まったとして、奄美地方を除く鹿児島県に特別警報を発表する可能性が小さくなったと発表した。ただ台風10号は北上しており、非常に強い勢力で6日夜遅くにかけて薩摩、大隅、種子島・屋久島地方に接近するため、引き続き大雨、暴風、高波、高潮には最大級の警戒が必要としている。