時計 2020/09/10 10:00

地元住民「離岸流だ」 河口で遊泳中の4人流され、男性1人死亡 鹿児島・万之瀬川

釣り客が遊泳中に流された吹上浜へ注ぐ万之瀬川河口=南さつま市加世田高橋
釣り客が遊泳中に流された吹上浜へ注ぐ万之瀬川河口=南さつま市加世田高橋
 9日午後4時5分ごろ、南さつま市の吹上浜の万之瀬川河口付近で、遊泳中の男性4人が沖に流されていると118番があった。鹿児島市照国町、自営業男性(27)が意識不明で救助され、搬送先の病院で死亡が確認された。20代男性も救助され搬送されたが意識はある。残る2人は自力で陸に上がった。

 串木野海上保安部によると、4人は救命胴衣を着けていなかった。知人男女10人で河口左岸に釣りに来ていた。うち7人で付近を遊泳中に4人は流された。自営業男性と男性は北西約2キロ沖合で発見された。自営業男性は第10管区海上保安本部のヘリが海上からつり上げ救助、鹿児島市内の病院に搬送された。男性は漁船が救助した。

 現場は当時、晴れてうねりはなく引き潮だった。河口付近の釣り客が通報した。

 付近住民によると、吹上浜は岸から沖へ向かって流れが速くなる離岸流がよく発生し、遊泳禁止になっているという。南さつま市加世田益山の会社役員(66)は午後5時ごろ、海岸清掃のため仲間と吹上浜に集まった。警察や消防など約30人、漁船2隻が捜索中で騒然としていた。「人が流されたと聞き、離岸流で流されたとすぐに思った」と危険性を指摘した。