鹿児島県の100歳以上、最多の1744人 女性1550人、男性は194人 111歳女性が最高齢

(2020/09/14 22:00)
【関連表】
【関連表】
 鹿児島県は14日、県内の100歳以上の高齢者(15日時点)が1744人と昨年より116人増え、過去最多となったと発表した。内訳は女性1550人、男性194人で、人口10万人当たり108.86人。

 県高齢者生き生き推進課によると、人口10万人当たりの人数を地域別でみると、最多は大島地区で166.56人だった。続いて、南薩151.33人、北薩130.10人、大隅117.20人、姶良・伊佐116.15人、熊毛114.26人、鹿児島80.27人だった。

 1日現在、県内最高齢は、さつま町の女性櫛山シミさんで111歳。男性最高齢は南九州市の新屋哲雄さんで109歳。

 今年4月1日から2021年3月末までに100歳を迎える人は昨年度より95人多い904人(女性798人、男性106人)。378人が自宅で生活しており、晩酌をする人は30人、1人が喫煙している。