時計 2020/09/15 11:00

台風避難聞いた社長「手助けしたい」…パン屋のない島へ自社製品どうぞ 京都から三島村役場まで陸送11時間

寄贈されたパンを受け取る島民=鹿児島県三島村(三島村役場提供)
寄贈されたパンを受け取る島民=鹿児島県三島村(三島村役場提供)
 京都市のデニッシュ食パン専門店アンデが、台風10号で多くの住民が本土に避難した三島村に自社製品のパン約40万円分を寄贈した。従業員が車で約11時間かけて鹿児島市の三島村役場まで輸送。9日に役場職員らが島の全世帯に届けた。

 竹島出身の友人がいる従業員から避難の状況を聞いた福屋貴弘社長が、「何か手助けしたい」と支援を申し出た。

 村の3島にパン屋はない。黒島のホームヘルパー日高真弓さん(54)は「島民にとってパンは貴重なもの。思いがけない温かい支援で本当にありがたい」と感謝した。