時計 2020/09/20 23:00

スッポン赤ちゃん人気者 霧島・城山公園

スッポンの赤ちゃんと触れ合う子どもたち=霧島市国分上小川の城山公園
スッポンの赤ちゃんと触れ合う子どもたち=霧島市国分上小川の城山公園
 霧島市国分上小川の城山公園にスッポンの赤ちゃん14匹が展示され、人気を集めている。体長は4センチほど。甲羅から首を長く伸ばしたり、水をかいて泳いだりする愛らしい姿に、子どもも大人もくぎ付けだ。

 国分上井の立野良人さん(68)が検校川河畔でヘビに襲われそうになっていた卵を保護。8月半ばに自宅でふ化させ、「子どもたちに間近で観察してほしい」と公園に贈った。

 職員が毎日20~30分、日光浴をさせながら育てている。軽く触れれば、かむことはないという。

 9月13日に訪れた隼人の富隈小学校6年の徳田明莉さん、植山夏帆さんは「軟らかくて口元や目をパチパチさせるところがかわいい」と興味津々。公園管理責任者の田中義春さん(67)は「もう少し人に慣れたら、つまようじで餌をあげる体験ができるようにしたい」と話している。