時計 2020/09/21 20:00

曽於の水田に「きららちゃん」 旧財部町イメージキャラ出現

高松地区の水田に現れた「きららちゃん」=曽於市末吉
高松地区の水田に現れた「きららちゃん」=曽於市末吉
 曽於市末吉町諏訪方の水田で、水土里(みどり)サークル「高松地域活動隊」による水田アートが見頃を迎えている。11回目となる今回は、旧財部町のイメージキャラクター・きららちゃんが登場。稲穂の色が異なる7種類のもち米で表現した。

 同隊の水田アートは、導水路完工100周年を記念して2010年に始まった。これまで図面を作っていた齋藤勤隊長が田植え直前に67歳で急逝。後任の加治木正昭さん(64)が未完成だったきららちゃんの作図を引き継いで仕上げた。

 今年は建築用の足場を組んだ見物台を設置。約7メートルの高さから、秋風にそよぐきららちゃんの姿を楽しむことができる。加治木さんは「地域住民にも協力をもらい、2日がかりで田植えした労作。たくさんの人に見に来てもらい、高松をアピールしたい」と話している。