時計 2020/09/24 13:00

〈馬毛島問題〉「国調査の同意撤回を」 種子島漁協西之表組合員が理事会に要請

種子島漁協理事会に海上ボーリング調査の同意撤回を申し入れる西之表地区組合員=23日午後4時、西之表市西町の同漁協本所
種子島漁協理事会に海上ボーリング調査の同意撤回を申し入れる西之表地区組合員=23日午後4時、西之表市西町の同漁協本所
 西之表市馬毛島への自衛隊基地建設と米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)移転計画に伴う防衛省の海上ボーリング調査に同意した種子島漁協(浦添孫三郎組合長)の理事会に対し、同漁協西之表地区の組合員が23日、「地区の意向の事前の確認がなかった」などとして、理事会の判断に異議を申し立て、同意書の撤回を求めた。

 同地区は調査対象区域にトコブシの優先漁業権を持つ。防衛省が5月に同地区で実施した説明会では、大多数が説明資料の不足などを理由に調査受け入れに反対。これを受けて理事会は受け入れを保留した経緯がある。

 同日、非公開で同地区組合員約20人と浦添組合長ら理事3人が質疑。組合員側の「新たな資料提供を受けた判断なのか」との質問に対し、理事側は「提供を受けたわけではないが賛否判断につながる詳細計画を示してもらうために認めた」と回答。納得しない組合員との協議は3時間近く平行線で終わった。

 質疑後、取材に応じた浦添組合長は「現段階で同意書の撤回はない」と強調。一方で申し入れ内容を検討する理事会を近く開くと約束したことを明らかにした。

 同地区の小組合長の一人は「漁業を守るという組合の目的から見ても理事会判断はおかしい。協議結果についての回答を待ちたい」と述べた。