時計 2020/09/26 22:00

飲酒運転撲滅へ30カ所一斉検問 鹿児島県警、1人逮捕

飲酒検問を実施する交通機動隊員ら=鹿児島市宇宿2丁目の国道225号
飲酒検問を実施する交通機動隊員ら=鹿児島市宇宿2丁目の国道225号
 鹿児島県警は25日夜から26日未明にかけ、繁華街周辺や幹線道路の県内30カ所で、飲酒運転を一斉に取り締まった。全27警察署や交通機動隊などの267人を動員し、酒気帯び運転の現行犯逮捕1件を含む34件を摘発した。内訳は酒気帯び運転2件や無免許運転1件、速度違反18件など。

 県警交通指導課によると、1月から8月末までの摘発件数は、酒酔い運転6件、酒気帯び運転241件の計247件で、前年同期比35件増。山賀宏司理事官は「飲酒運転の根絶に至っておらず、引き続き取り締まりと広報啓発を強化していく」と話した。