時計 2020/09/26 23:30

上曽山さん(松陽高)ら表彰 南日本ジュニア美術展 27日まで鹿児島市立美術館

南日本新聞社賞を受ける和田結愛ちゃん=鹿児島市のみなみホール
南日本新聞社賞を受ける和田結愛ちゃん=鹿児島市のみなみホール
 鹿児島市立美術館で開催中の第13回南日本ジュニア美術展(南日本新聞社主催、昴特別協賛、イオンモール鹿児島協賛)の表彰式が26日、同市の南日本新聞会館みなみホールであった。昴賞・優秀賞以上の19人と、学校賞の6校・園に賞状や記念の盾が贈られた。

 最高賞の南日本新聞社賞は、土橋幼稚園の和田結愛(ゆい)ちゃん、錦江台小4年藤崎桜空(さくら)君、帖佐中3年安田智香(ちか)さん、松陽高3年上曽山花香(はるか)さんの4人。

 一輪車に乗る練習風景を描いた藤崎君は「人の顔やタイヤなど細かい部分を気をつけた。早く乗れるようになりたい」。窓に貼ったカラーセロハンから漏れる光を幻想的に表現した安田さんは「部屋の暗さを感じさせないように背景を工夫した。受賞できてびっくりした」と喜んだ。

 表彰式前には、審査委員による作品解説会もあった。南日本ジュニア美術展は27日まで鹿児島市立美術館で開催。10月30日~11月8日には、同市のイオンモール鹿児島1階風の広場で、特選以上、中学生以下の平面作品約60点を展示する選抜巡回展がある。