時計 2020/09/27 20:00

鹿屋の川添初美さんら、川崎でソロ演奏 音コン「交流の響き」150人魅了

演奏を披露する川添初美さん=川崎市のミューザ川崎シンフォニーホール
演奏を披露する川添初美さん=川崎市のミューザ川崎シンフォニーホール
 全国の地方新聞社が主催・共催する音楽コンクールの上位入賞者が集い、ソロ演奏を披露する「交流の響き2020 in かわさき」(神奈川新聞社、南日本新聞社など主催)が26日、川崎市のミューザ川崎シンフォニーホールであった。

 出演したのは、昨年の南日本音楽コンクール(金管部門)で優秀賞を受賞した鹿屋市の中学校教諭、川添初美さん(22)ら12人。川添さんは、チューバでボザ「コンチェルティーノ」を披露。個性輝く若々しい演奏を響かせ、会場に集まった聴衆約150人を魅了した。

 「交流の響き」は、互いの演奏に触れることで感性に磨きをかけ、より豊かな音を奏でてもらおうと2004年に始まり、今年で16回目。