時計 2020/09/30 20:00

GoTo食事券10月15日発売 25%割り増し 鹿児島県内11商議所

「プレミアム付き食事券」キャンペーンのちらし
「プレミアム付き食事券」キャンペーンのちらし
 国の「Go To イート」事業の運営委託を受けた鹿児島商工会議所(鹿児島市)は、県内10商議所と連携し、25%の割り増しが付いた「プレミアム付き食事券」50億円分を、10月15日から販売する。県内全域の登録参加店で利用できる。

 事業は新型コロナウイルス拡大で打撃を受ける飲食業の支援策で、1冊1万2500円の食事券を1万円で購入できる。1人1回2冊まで。来年3月末まで利用でき、川内や鹿屋、奄美大島など10商議所でも取り扱う。

 利用できるのは店内飲食できる店が基本で、デリバリー・持ち帰り専門店やカラオケボックス、接待を伴う店などは除く。農林水産省が定めた感染症対策に取り組むことが店舗登録の条件。すでに県内900店から申し込みがあり、今後も参加を受け付ける。

 29日会見した鹿児島商議所の岩崎芳太郎会頭(66)=岩崎グループ社長=は「十分な感染対策を前提に、脱日常を感じられる外食や会食は、健全な社会生活にとって必要」と説明。「一人でも多くの方に利用してもらえれば」と話した。