時計 2020/10/01 22:00

LINEで順番待ち、窓口訪れず整理券を取得 都城市がサービス開始

窓口で配布されるQRコード付きの整理券(左)と、読み取ったスマホ画面
窓口で配布されるQRコード付きの整理券(左)と、読み取ったスマホ画面
 都城市は1日、無料通信アプリ「LINE(ライン)」のミニアプリを使い、窓口を訪れなくても整理券が取得できるサービスを始めた。順番が近づけばLINEのトーク画面で知らせてくれるため窓口で待つ必要がない。市は「新型コロナウイルス対策にも有用」と利用を呼び掛ける。

 LINEと連携した実証事業。ミニアプリを使う同様のサービスは自治体では初めてという。まずはマイナンバーの申請・交付窓口で運用し、効果や検証結果を得る。

 LINEのホーム画面から「順番待ち」を検索し友だち登録する。市役所駐車場をはじめ庁舎の半径300メートル以内なら整理券が取得できる上、窓口の混雑状況はどこにいても確認できる。窓口で発行する整理券にもQRコードを記しており、スマートフォンなどで読み取れば順番通知を受け取れる。

 1日の定例会見で池田宜永市長は「混雑する窓口ではなく、車中などで順番待ちできる。コロナ禍の中、3密回避にもつながる」と話した。これまで通り窓口で整理券を受け取り待つこともできる。