時計 2020/10/07 09:00

新型コロナ クラブクラスター拡大計35人に 新たな感染者は出水市1、日置市1、鹿児島市3 6日発表、鹿児島県内累計440人 

 鹿児島市は6日、5人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。うち1人は同市内の小学校の男子児童。鹿児島市天文館のクラブ2店で発生したクラスター(感染者集団)関連は2人で、計35人となった。県の発表はなかった。

 市が発表した感染者は同市在住で10歳未満の同男児と20代の男女各1人、日置市在住の10代男性、出水市在住の70代女性。クラスター関連は男児と20代女性で、それぞれ5日、9月25日に市が発表した感染者の接触者として10月5日にPCR検査を受けた。

 男児が通う小学校は6日から7日まで臨時休校。男児は発熱の症状があり、学校関係者によると、5日は登校していない。

 20代男性は同日発表されたいちき串木野市在住の感染者の接触者で、味覚、嗅覚障害がある。70代女性は同日発表された出水市在住の感染者の接触者にあたる。10代男性は同日、鹿児島市内の医療機関を受診しPCR検査を受けた。

 感染者5人の濃厚接触者は調査中。

 県は6日、5日に感染が確認された喜界町の1歳男児の同居親族4人に対してPCR検査を行い、全て陰性だったと明かした。

 県内の累計感染者数は440人。5日時点で7人が医療機関に入院し、13人が宿泊施設に入所。退院・退所は410人で、うち死亡は12人。