時計 2020/10/15 23:00

「外食楽しみ」 GoTo 食事券の購入に列

「プレミアム付き食事券」を買い求める人々=鹿児島市東千石町
「プレミアム付き食事券」を買い求める人々=鹿児島市東千石町
 新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた飲食業界を支援する政府の「Go To イート」事業のプレミアム付き食事券発行が15日、鹿児島県内11商工会議所で始まった。25%の割り増し付きとあって、初日の朝は各販売所で、外食を楽しみにする人たちが列を作った。

 鹿児島市の鹿児島商工会議所ビル1階に設けた販売所には、開始予定の午前10時を前に行列ができた。臨時に窓口を増やし、1時間ほどで待ち時間は解消した。
 1冊1万円で1万2500円分(1000円券12枚と500円券1枚)。同市西千石町の小野徹さん(68)は「年金生活に2500円のお得分は大きいし、飲食業のためになるなら一挙両得。外食は控えていたが、感染対策に協力しながら楽しみたい」と喜んでいた。

 発行は総額50億円分(40万冊)。1人1回あたり2冊まで購入でき、現在県内の約1700店で使える。おつりは出ない。売り切れ次第終了するが、鹿児島商議所は「16日も販売する」としている。販売所や参加店は、同所ホームページに掲載している。

 県内の22商工会でも11月1日の和泊町を皮切りに順次、発行する。総額は約8億6800万円。