時計 2020/10/22 13:00

スーツ再利用の防災毛布を奄美市に寄贈 青山商事

スーツを再利用した毛布を朝山毅市長(左から2人目)に贈った青山商事の関係者=奄美市役所
スーツを再利用した毛布を朝山毅市長(左から2人目)に贈った青山商事の関係者=奄美市役所
 2010年10月20日の奄美豪雨から10年の節目に合わせ、紳士服店「洋服の青山」を展開する青山商事は21日、下取りのスーツを再利用して製造した防災毛布100枚を奄美市に贈った。

 同社は、要らなくなったスーツを割引券と引き替えるサービスを全国の店舗で行い、年間400トンを回収。リサイクル後、防災の備えを強化する全国の自治体に届けており、同市は3例目。

 ウールとポリエステルでできた毛布は厚手で丈夫なつくり。朝山毅市長に目録を手渡した奄美店の玉城忠店長(46)は「これからも地域に役立つ活動を続けたい」と力強く語った。