時計 2020/10/26 16:00

eスポーツ活用法学ぶ 経産省事業で報告会 鹿児島市

eスポーツの現状と可能性が報告されたセミナー=鹿児島市加治屋町
eスポーツの現状と可能性が報告されたセミナー=鹿児島市加治屋町
 eスポーツの現状と地域社会での活用法を学ぶ「e活研周知セミナー」が21日、鹿児島市のかごしま国際交流センターであった。自治体関係者ら60人が出席した。

 セミナーは経済産業省の事業「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告会。事業委託を受けた日本eスポーツ連合(JeSU)が、鹿児島県連合と共催した。

 eスポーツに対する政府の位置づけについて、同省コンテンツ産業課の高橋和也課長補佐は「イベント開催で周辺産業も刺激し、地域活性化に役立つ」と説明。福岡県協会の中島賢一会長は「引きこもりの子どもも大会に参加し、交流ツールとしても有用」など実例を報告した。