時計 2020/11/08 18:45

コロナ下、足止め435人 「また日本に」ベトナム実習生ら笑顔で帰国 鹿児島空港から臨時便

ベトナムに帰国するため搭乗手続きを待つ技能実習生ら=8日、鹿児島空港
ベトナムに帰国するため搭乗手続きを待つ技能実習生ら=8日、鹿児島空港
 コロナ下で帰省できないベトナム人に対応するため、ベトナムの格安航空会社ベトジェットエアは8、9の両日、鹿児島から首都ハノイなど行きのチャーター便を運航した。九州内を中心に全国の技能実習生ら435人が鹿児島空港(霧島市)から母国へ戻った。

 ベトナム大使館(東京)が計画した。ベトジェットは3月以降、成田空港発の帰国便を10便以上飛ばしており、成田以外では初めて。

 8日は218人が搭乗した。鹿児島で昨年12月から通訳をしていたグェン・ディン・ダックさん(26)は「人が親切で暮らしやすかった。ベトナムで新たな職が決まり、帰国できることにほっとしている」。北九州市の自動車部品工場で3年間働いたレー・チャーさん(22)は「実習期間が過ぎ、仕事がないのに日本にとどまるしかないのがつらかった。家族を安心させ、また日本で働きたい」と話した。

 鹿児島空港国際線ターミナルはコロナで定期路線が軒並み運休し、3月9日から閉館していた。訪日客に対応するため進めていた増改築工事を7月末に終えて以来、初めて乗客を受け入れた。