時計 2020/11/19 09:05

鹿児島大学サークルクラスター 屋内活動、飲食、カラオケで拡大 24日まで全キャンパス入構禁止 新型コロナ

新型コロナウイルスの新たなクラスター(感染者集団)の発生を公表する鹿児島市保健所の担当者=18日、市役所
新型コロナウイルスの新たなクラスター(感染者集団)の発生を公表する鹿児島市保健所の担当者=18日、市役所
 鹿児島市は18日、新型コロナウイルスの感染者13人を確認し、17日公表の20代男性を含む計14人の新たなクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。鹿児島大学はこの14人が同大の学生だと明らかにした。県内のクラスターは9例目で学校関連は初めて。

 市などによると、14人は同じサークルに所属している。10代と20代の男女で13人は同市在住、1人は日置市在住。9人が13日以降、発熱やせき、のどの痛みなどを発症している。5人は無症状。発症前2週間の行動歴から、市は屋内でのサークル活動や、その後飲食店やカラオケに何度か行く中で感染が広がったとみている。学校名やサークルの内容を明らかにせず、個人の特定につながる可能性などを挙げ「公表の必要がない」とした。

 鹿大は18日夕、最初に感染が分かった学生と接触のあった学生13人の陽性が確認されたとホームページで公表した。24日まで学生の全キャンパスへの入構を禁止して遠隔授業を行う。サークル活動と学生サークル会館の使用も禁じた。

 鹿大は春以降、学生にサークルなどでのコンパ自粛を求めていた。「関係機関と協力して、さらなる感染拡大防止に全力を挙げて取り組む」としている。

 クラスターとは別に、県は18日、3人の感染を発表した。同日の県内感染者は計16人。3人のうち、いちき串木野市の60代と50代の男性2人は、大分県が発表した感染者の接触者検査で分かった。志布志市の40代男性は県外に勤務しており、宮崎県発表の感染者と接触があった。

 県内の累計感染者数は576人。17日時点で27人が医療機関に入院し、うち6人が中等症。6人が宿泊施設に入所している。退院・退所は527人で、うち死亡は13人。