時計 2020/11/20 23:00

塩田鹿児島知事、GoToイート人数制限せず 「医療体制逼迫していない」

定例会見で県民に感染予防対策の徹底を呼び掛ける塩田康一知事=県庁
定例会見で県民に感染予防対策の徹底を呼び掛ける塩田康一知事=県庁
 鹿児島県の塩田康一知事は20日の定例会見で、政府の飲食業支援事業「Go To イート」を使った飲食の人数制限はしない方針を示した。「県内感染状況を踏まえた判断。医療提供体制は逼迫(ひっぱく)している状況にない」と理由を説明した。

 政府は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、子どもを除く4人以下での飲食にするよう都道府県に求めている。北海道や大阪府などは同意する一方、制限を見送る県も多く、感染者数の動向で判断は分かれている。塩田知事は「人数を制限するより、(店も客も)感染防止対策をしっかり取ることが大事だ」と指摘した。

 鹿児島県内では11月に入り、与論町、鹿児島市の高齢者施設、鹿児島大学のサークル活動で、それぞれクラスター(感染者集団)が確認されている。塩田知事は「マスク着用など基本的な対策が十分でなかったように思える」と述べ、県民や事業者に改めて徹底した対応を要請した。

 県が4段階で設定する「感染拡大の警戒基準」は、新規感染者数などが増えつつあるものの「医療提供体制が逼迫していない」との判断から、ステージ2(感染者漸増)を維持する。このため年末年始の帰省や県境をまたぐ移動の自粛は現段階では求めないとした。一方で、塩田知事は「全国的に感染が拡大している。移動する際にはきちんと体調管理をして、発熱などの症状がある場合は控えてほしい」と呼び掛けた。