時計 2020/11/21 14:00

鹿児島市長選、22日告示 新人4人が立候補表明

鹿児島市役所
鹿児島市役所
 任期満了に伴う鹿児島市長選と市議補選(欠員1)は、22日告示される。これまで市長選には新人4人が立候補を表明。市議補選には、元職3人、新人4人が立候補を予定している。

 市長選に立候補を表明しているのは、前県議の下鶴隆央氏(40)、前副市長の松永範芳氏(62)、前市議の上門秀彦氏(66)=いずれも無所属、元市議の桂田美智子氏(67)=共産。4期16年務めた森博幸市長(71)は引退する。

 下鶴氏は若さと県議経験を前面に「“このまま”よりも“これから”を」と訴え、政党や団体に頼らない草の根運動を展開。新型コロナウイルス対策や産業振興、子育て支援などを政策の柱に据える。

 松永氏は、社民党や約350の企業・団体から推薦を得た。森市長も応援する。「市民を守り、未来につなぐ」市政を掲げ、即戦力をアピールしながらコロナ対策や経済、防災などの政策を訴える。

 上門氏は自民党のほか、約80の団体から推薦を受ける。32年の市議経験をアピールし「議会と市民の声を反映させ、シンプルでスピーディーな市政」を訴える。地方創生を市政の柱とする。

 共産党公認の桂田氏は、12団体でつくる「市民の市政をつくる会」の推薦を受ける。「女性目線のあったか市政」を目指し、コロナ対策や脱原発、女性活躍、子育て安心のまちづくりを訴える。

 立候補の届け出は、市長、市議補選ともに午前8時半~午後5時、市役所で受け付ける。投票は29日。