時計 2020/11/22 09:20

鹿児島県内新たに20~50代男女3人感染確認 新型コロナ21日発表、累計595人

 鹿児島県と鹿児島市は21日、新型コロナウイルスの感染者を新たに3人確認したと発表した。鹿児島大学のサークルで発生したクラスター(感染者集団)関連は確認されなかった。

 市が発表した感染者は、同市在住の50代女性1人と20代男性1人で、いずれも20日に市が発表した感染者の接触者としてPCR検査を受けた。女性は19日からせきが出ていて、男性は無症状だった。

 県が発表した感染者は、与論町の30代男性1人。男性は20日、国立感染症研究所(東京)が同町で飲食・観光業関連の希望者を対象にしたPCR検査を受けた。21日、県の再検査で判明した。症状はない。同居親族3人は陰性だった。

 姶良市教育委員会は21日、20日に感染を公表した市立学校職員の濃厚接触者として検査を受けた生徒、職員が全員陰性だったとホームページで発表した。

 県内の累計感染者数は595人。20日時点で26人が医療機関に入院し、うち5人が中等症。27人が宿泊施設に入所している。退院・退所は539人で、うち死亡は13人。

■鹿児島市職員も
 鹿児島市教育委員会は21日、会計年度任用職員1人の新型コロナウイルス感染を同日までに確認したと発表した。市職員の新型コロナ感染は初めて。感染が判明した日や所属などについては、プライバシー保護を理由に公表していない。

 市教委によると、当該職員は勤務中、マスクを着けていた。窓口業務に従事していない。濃厚接触者はPCR検査で全員陰性を確認した。職場も消毒しており、通常業務を行う。