時計 2020/11/22 23:00

自主研究グループのメンバーらが手作り焼酎仕込み 志布志市

焼酎造りに取り組む「だいやめ講座」や自主研究グループのメンバーら=志布志市の若潮酒造
焼酎造りに取り組む「だいやめ講座」や自主研究グループのメンバーら=志布志市の若潮酒造
 志布志市の生涯学習講座「だいやめ講座」と志布志創年市民大学の自主研究グループのメンバーが14日、若潮酒造で手作り焼酎を仕込んだ。半年後に完成予定で、メンバーは楽しみにしている。

 同講座とOBらでつくる自主研究グループは約30人の会員がいる。焼酎造りに毎年取り組み、今年は5月に原料となるサツマイモを、6月には米をそれぞれ植えた。

 9月に稲刈りし、この日はイモを収穫。メンバーは同酒造を訪れ、イモの選別やイモ切りなど行い蒸した後、2次仕込み用タンクに入れた材料を棒で丁寧にかき混ぜた。醸造し貯蔵した後、一升瓶450本分程度が完成する。

 製品には「創年の志」のラベルを貼り、市内の酒店などで販売もする。講座の学級長、平野三二さん(71)は「イモの植え付けや草取りは大変だったが、焼酎が出来上がるのが楽しみ」と心待ちにしていた。