時計 2020/11/27 19:24

出水鳥インフル ねぐら水から高病原性3度目 13農場異常なし

南日本新聞ニュース
 鹿児島県は27日、出水市の荒崎干拓地内にあるツルのねぐらの水から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)を検出したと発表した。同じねぐらから今季3度目となり、県内4例目。採取地点から半径3キロ圏内の13養鶏場(飼養羽数58万6000羽)で異常は確認されていない。