時計 2021/01/07 09:00

鹿児島県本土、9日にかけ大雪恐れ 国道事務所「降雪時の運転自粛を」

冠雪した桜島=7日午後1時、鹿児島市与次郎1丁目
冠雪した桜島=7日午後1時、鹿児島市与次郎1丁目
 九州南部の上空に強い寒気が流れ込む影響で、7日朝から昼前にかけて薩摩地方の山地を中心に、8日から9日にかけては薩摩・大隅地方の平地でも大雪の恐れがある。

 鹿児島地方気象台は6日、大雪に関する情報を発表し、積雪や路面凍結による交通障害、農作物の管理などに注意を呼び掛けている。

 気象台によると、7日から九州南部の上空約1500メートルに氷点下9度以下の強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置になる。同日の最高気温は、鹿児島市や鹿屋市で8度と県本土全域で10度を下回る見込み。

 8日正午までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で、薩摩・大隅地方の山地(標高200メートル以上)で5~10センチ、平地で1~5センチ。

 7日は強風や高波などの影響で、奄美空港を発着する日本航空便の一部、フェリーあけぼの、フェリーとしま2などの欠航が決まっている。

 国土交通省鹿児島国道事務所は7日から9日にかけて降雪の可能性があるため、降雪時の不要不急の運転自粛と、やむを得ず運転する場合は冬用タイヤ装着やタイヤチェーン携行を呼び掛けている。管内で特に積雪・路面凍結の恐れがある箇所は次の通り。

 国道3号 いちき串木野市「金山峠」付近▽国道3号 日置市「麦生田峠」付近▽国道10号 霧島市「亀割峠」付近▽国道225号 鹿児島市~南九州市「川辺峠」付近▽国道225号 南九州市「峯尾峠」付近