時計 2021/01/10 07:15

新たな感染は10歳未満~70代男女39人(鹿児島市20、姶良市9、薩摩川内市2、曽於市2、奄美市2、鹿屋市1、大崎町2、錦江町1)新型コロナ・鹿児島9日発表

 鹿児島県と鹿児島市は9日、新型コロナウイルスの新たな感染者39人を確認したと発表した。市が確認したのは20人で、うち13人と8日に公表された感染者1人の計14人を親族間のクラスター(感染者集団)と判断した。県内のクラスターは18例目で、親族間は初めて。14人を含む親族約30人は1日、同市の家で新年会として会食していた。

 鹿児島市によると、クラスターの内訳は10歳未満男女3人、10代男性、30代男女5人、40代男女2人、60代男女2人の13人と、8日に感染が公表された40代男性で、全員軽症か無症状。会食をした親族約30人は全員同市在住で、1日時点で自覚症状のある参加者はいなかった。長い人で5時間程度滞在していたとみられる。ほかの親族は現時点では陰性だった。感染者の接触者は調査中。

 クラスター以外の感染者は、同市在住の20代男性2人、30代男性、40代男性、50代男女2人、70代男性。

 県が発表したのは19人。姶良市の10歳未満女児、10代男性、30代女性は、8日に感染が公表された同市の30代男性の親族だった。錦江町の10代女性は、3日に感染が公表された同町の40代女性の知人。大崎町の10代女性と20代男性は7日に感染が公表された同町の30代女性の親族。奄美市の40代男女2人は親族同士だった。

 薩摩川内市の20代男性は宮崎県が発表した陽性者と接触があった。同市60代男性は9日に嗅覚障害、鹿屋市の30代男性は7日から倦怠(けんたい)感が続いている。

 他に確認された感染者は姶良市の10代男女3人、40代男女2人、60代男性、曽於市の10代男性、20代男性。

 県内の累計感染者数は1228人。8日時点で91人が入院しており、うち重症が2人、中等症12人。宿泊施設に97人が入所、12人が自宅待機している。退院・退所は989人で、うち死亡は14人。
広告