時計 2021/01/13 06:30

巨大鬼面、邪気とともに燃え落ちる 姶良・山田で鬼火たき

燃え上がるやぐらと巨大鬼面=10日、姶良市下名
燃え上がるやぐらと巨大鬼面=10日、姶良市下名
 姶良市下名の田んぼで10日、山田校区コミュニティ協議会の鬼火たきがあった。高さ約3.5メートルの巨大鬼面をやぐらに飾り、邪気とともに焼き払った。

 かつては校区各地で実施されていた鬼火たきが途絶えつつあったため、協議会が再生し今年で3回目。

 子どもたちが巨大鬼面をみこしのように担いで登場。高さ約20メートルのやぐら側面に据え付けて点火した。火の粉が舞い散り、パチパチという音が響き渡る中、鬼面が燃え落ちていった。

 鬼面に矢を放って邪気を払った加治木高校2年で弓道部の堂前愛さんは「みんなの気持ちが明るくなり、幸せに暮らせる年になってほしい」と話した。新型コロナウイルス収束を願う下名疱瘡(ほうそう)踊りや花火もあった。