時計 2021/01/12 23:00

塩田鹿児島県知事「ステージ3に近い」 緊急事態宣言要請は否定 新型コロナ

新型コロナ対応で取材に答える塩田康一県知事=鹿児島県庁
新型コロナ対応で取材に答える塩田康一県知事=鹿児島県庁
 鹿児島県の塩田康一知事は12日、県内の新型コロナウイルスの感染状況を、県が設定する4段階の警戒基準で「ステージ3(感染者急増)に本当に近く、見極めの段階にある」と述べた。一方で、ただちに国に緊急事態宣言の再発令を求めることは否定した。

 熊本県の蒲島郁夫知事は11日、九州各県と連携して緊急事態宣言の再発令を要請する意向を示している。塩田知事は対象地域に鹿児島が含まれる場合には賛同するとしたものの、「現段階で鹿児島に話は来ておらず、宣言が必要な状況にない」と説明した。

 国に緊急事態宣言の再発令を求める動きは全国で相次いでいる。三重は感染者が急増している隣県の愛知、岐阜が宣言対象となれば「独自に宣言を出して連携する」としている。塩田知事は「鹿児島も予断を許さない状況。そういう形ができるかどうかを含めて見極めたい」と語った。