時計 2021/01/13 04:05

鹿児島県さつま町養鶏場の鳥インフル、遺伝子検査で確定 3万2600羽殺処分へ

防疫措置に使用する資材の準備に追われる関係者=12日午後8時55分、さつま町の鶴田体育館
防疫措置に使用する資材の準備に追われる関係者=12日午後8時55分、さつま町の鶴田体育館
 鹿児島県は13日未明、鳥インフルエンザの簡易検査で陽性だったさつま町の養鶏場の鶏について、遺伝子検査で高病原性の疑似患畜であることを確認したと発表した。県内の鶏では2011年1月以来、2例目。県は農場の全3万2600羽を殺処分する。