時計 2021/01/15 20:00

「合格せんべい」で験担ぎ 鹿屋・荒平天神ゆかり

受験生に人気の荒平天神瓦せんべい=鹿屋市の市観光物産総合センター
受験生に人気の荒平天神瓦せんべい=鹿屋市の市観光物産総合センター
 鹿屋市西原3丁目の市観光物産総合センターで、「合格せんべい」が人気を集めている。菅原道真をまつる荒平天神(同市天神町)にちなんだ瓦せんべいで、学問の神様にあやかろうという受験生や家族に売れ行きも上々だ。

 市観光協会が、土産品として2017年に商品化した。箱に神社の写真と「合格」の金文字をあしらい、せんべいには合格祈願の焼き印を押す。5枚入り、500円で売っている。

 同協会によると、瓦せんべいは戦国時代、武将が手柄を立てた家臣に褒美として紋印を描いた瓦を与えたのが起源との説がある。合格を恩賞になぞらえ、日々の積み重ねが大事との思いを込める。

 息子が大学受験を控える同市寿4丁目の主婦洲鎌摂子さん(51)は12日、「高校受験の時にもらって無事合格した。今回も縁起を担ぎたい」と2箱買っていた。センターでは荒平天神の絵馬やお守りも扱っている。