時計 2021/01/21 06:30

3000本の花の牛、初競りに華 鹿屋・肝属中央家畜市場

3000本の花で作った牛のモニュメント=鹿屋市田崎町の肝属中央家畜市場
3000本の花で作った牛のモニュメント=鹿屋市田崎町の肝属中央家畜市場
 鹿屋市田崎町の肝属中央家畜市場で19日始まった牛の初競りで、今年のえとにちなみ、3000本の白い花々で作った牛の像が披露された。愛らしい姿に来場者に笑顔が広がった。

 高さ約1.8メートル、全長3メートルで、スプレー菊やカスミソウ、カーネーションなどで覆われている。

 JAフラワーセンター(同市上野町)の社員が、2日間かけて吸水スポンジで作った土台に生けた。本物に近づけるため、牛の輪郭の再現に苦労したという。真っさらな白色に、明るい未来の始まりという願いを込めた。

 制作した上園千尋所長(36)は「明るい話題になればうれしい。消費が落ち込む花屋さんも元気づけられたら」と話す。21日までは市場に、22日から数日間はJA鹿児島きもつき本所(同市白崎町)の玄関前に展示する。
広告