時計 2021/01/21 13:00

おうちで「ぶり祭」 騎射場の店とレシピ紹介 鹿大魚食普及サークル

レシピの載ったパンフレットを手にする魚食普及サークル「ペスカ」代表の安藤福人さん=鹿児島市の鹿児島大学
レシピの載ったパンフレットを手にする魚食普及サークル「ペスカ」代表の安藤福人さん=鹿児島市の鹿児島大学
 鹿児島大学水産学部の魚食普及サークル「ペスカ」が騎射場エリアの飲食店と協力し、県産養殖ブリを使ったレシピ14種を紹介するパンフレットを作成した。毎年開いてきたイベント「騎射場ぶり祭」が新型コロナウイルスの影響で開催できなかったため企画した。

 レシピ作りには13の飲食店が参加し、「ぶり天丼」「ぶりカレー」などが並ぶ。代表の3年安藤福人さんは「例年イベントに来てくれる学生や社会人はもちろん、多くの人に自宅で家族とブリを楽しんでほしい」と話す。1500部用意し、騎射場周辺の飲食店や学内で配布中。コロナ禍で苦しむ飲食店を応援しようと、28店の案内マップも掲載した。

 「ぶり祭」は生産量全国1位の県産養殖ブリを広く知ってもらい、騎射場地区を盛り上げようと2014年に始めた。例年1000人以上が来場していた。

 レシピはサークルのホームページにも掲載。料理を作り、ツイッターやインスタグラムに検索目印(ハッシュタグ)「#pescaぶり祭」を付けて投稿すると、抽選で1人にブリ1匹(5000~6000円相当)が当たるキャンペーンも開催している。31日まで。