時計 2021/01/21 18:25

新型コロナ 鹿児島県内で23人感染 阿久根市の免許合宿でクラスター 県内21例目 

 鹿児島県は21日、新型コロナウイルスの感染者を新たに10人確認したと発表した。10〜70代の男女。

 阿久根市で計8人のクラスターが発生したと判断した。同市のマキオドライビングスクールが20日に公表していた免許合宿中の県外在住者ら。県内21例目。

 21日の県内の感染者の内訳は、垂水市が50代と80代の男性、霧島市が10代と20代の男女、鹿屋市が80代女性、出水市の30代男性、愛知の10代と20代の女性3人、福岡の20代女性。同日の県内の感染者は、鹿児島市が発表した13人を含め計23人。このうち2人は垂水市の市立介護老人保健施設で発生したクラスター関連。累計感染者は1483人。