時計 2021/01/21 18:37

トカラヤギの双子すくすく 鹿児島市・平川動物公園

母親とひなたぼっこするトカラヤギの双子の赤ちゃん=鹿児島市平川町の平川動物公園
母親とひなたぼっこするトカラヤギの双子の赤ちゃん=鹿児島市平川町の平川動物公園
 鹿児島市の平川動物公園で、トカラヤギの双子の赤ちゃんが公開されている。名前を呼ぶと近くに寄ってくるなど、愛らしい姿で来園者を楽しませている。

 双子は雄で、昨年12月28日に生まれた。体重5キロ、体長40センチほど。まだら模様と褐色の見た目が牛に似ているため、ホルスタインとジャージー牛にちなんで「ホルス」「ジャージ」と名付けられた。午前10時~午後1時、ふれあいランドミニ牧場で公開中。好奇心旺盛で、柵の隙間から小さな顔を出したり、元気に走り回ったりしている。

 担当の堀田裕子さん(32)によると、トカラヤギは雑種化が進み、小柄で背中に黒い線がある純血種は少なくなっているという。「双子の赤ちゃんを見て、トカラ列島原産のトカラヤギに興味を持って」と呼び掛けている。