時計 2021/01/22 08:00

阿久根の免許合宿クラスター計8人 垂水・老健関連は計41人に 新たな感染は10~80代男女23人(鹿児島市12、霧島市2、垂水市2、鹿屋市1、姶良市1、出水市1、愛知3、福岡1)新型コロナ21日発表、累計1483人

阿久根市の自動車学校で発生した新型コロナウイルスのクラスターについて説明する地頭所恵・県くらし保健福祉部長=21日、県庁
阿久根市の自動車学校で発生した新型コロナウイルスのクラスターについて説明する地頭所恵・県くらし保健福祉部長=21日、県庁
 鹿児島県は21日、阿久根市赤瀬川の自動車学校「マキオドライビングスクール」の宿舎で新型コロナウイルスに感染した入校生8人をクラスター(感染者集団)と判断したと発表した。県内21例目。県と鹿児島市は同日、計23人の感染を確認した。

 クラスターの内訳は21日に発表した愛知県の10代女性と20代女性2人のほか、19、20日発表の愛知県の10代男女と40代女性、鹿児島市の20代女性、福岡県の10代女性。いずれも自動車学校の宿舎を利用していた。マスク着用など感染対策の確認や感染経路は調査中。職員を含め約100人のPCR検査を行い、他は全員陰性だった。ほかに接触者を調査中。

 自動車学校は21日、宿舎を利用していた感染者は計9人と明らかにしたが、県は1人について「調査の結果、感染経路が異なる」と判断してクラスターから除外した。

 警戒基準のステージ判断について地頭所恵・県くらし保健福祉部長は「入院期間が長引く高齢者の感染が増えていることもあり、重症者の推移を注視している」と語るにとどまった。

 このほか、県と市が21日に発表した感染者は10代~80代の男女20人で、県が7人、市が13人。居住地は鹿児島市12人、霧島市と垂水市が各2人、姶良、鹿屋、出水の各市1人、福岡県1人。垂水市で発生した高齢者施設のクラスター関連は同市の50代と80代の男性2人で、計41人になった。同クラスター関連は現在、21人が医療機関に入院し、9人が施設で待機、11人が宿泊施設に入所している。

 県内の累計感染者数は1483人。20日時点で入院97人のうち重症は2人、中等症は31人。82人が宿泊施設に入所し、25人が自宅待機している。退院・退所は1256人で、うち死亡は15人。