時計 2021/01/23 07:15

クラスター3日連続確認、介護事業所関連計6人 新たな感染は10歳未満~90代男女14人(鹿児島市9、霧島市2、薩摩川内市1、大崎町1、福岡1) 新型コロナ22日発表

 鹿児島市は22日、市内の介護事業所で確認した新型コロナウイルスの感染者6人について、クラスター(感染者集団)と判断したと発表した。県内22例目。新たなクラスターの確認は3日連続となった。県と鹿児島市は同日、10歳未満~90代の男女14人の感染を発表した。

 クラスターの6人はいずれも市内在住で、22日発表の80代男性、90代女性、19、20日発表の60代男性、80代男性、90代男性2人。利用者5人とスタッフ1人で、軽症もしくは無症状。市によると、食事の際は仕切りのないテーブルに複数の利用者が同席していた。市は食事や入浴の際に感染が広がったとみて、対策が十分だったか調査する。事業所の名称、利用者数、通所か入所といった事業形態、接触者の検査数は公表しなかった。

 市が22日発表したのはクラスター2人のほか市内在住の7人。県は5人で居住地は霧島市2人、薩摩川内市と大崎町、福岡県が各1人。12人のうち8人は感染者との接触が確認された。他のクラスター関連はいなかった。

 県内の累計感染者数は1497人。21日時点で、108人が医療機関に入院しており重症2人、中等症32人。93人が宿泊施設に入所し、10人が自宅待機している。退院・退所は1272人で、うち死亡は15人。