時計 2021/01/25 09:20

西之表市長選 馬毛島巡り一騎打ち 新人福井、現職八板氏が立候補 市議選、14議席に17人

 任期満了に伴う西之表市長選挙と市議会議員選挙(定数14)は24日告示された。市長選にはいずれも無所属で、新人で市商工会長の福井清信氏(71)=自民推薦=と2期目を目指す現職の八板俊輔氏(67)の2人が立候補し、一騎打ちとなった。定数2減となる市議選には17人が立候補した。投開票は31日。

 政府が同市馬毛島で進める米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)を含む自衛隊基地整備計画に福井氏は容認、八板氏は反対の立場を表明しており、市民がどちらを信任するかが最大の争点となる。結果が国の安全保障政策に影響を及ぼす可能性もある。

 福井氏は政府との交渉で得られた交付金を地域産業振興や子育て世代の支援に生かしたい考えを示す。

 八板氏は多くの移住者を受け入れた歴史や豊かな自然を生かし、安心・安全に暮らせる地域づくりを訴える。

 市議選立候補者の内訳は現職11、元職1、新人5。党派別では共産2、自民1で、他は無所属。

 投票は31日午前7時~午後7時、13投票所(中割、立山は午後6時)であり、8時半から市民会館で即日開票される。当落判明は市長選が午後10時ごろ、市議選が11時すぎになる見込み。

 期日前投票は25~30日午前8時半~午後8時、市役所1階市民おきがるーむ。

 23日現在の選挙人名簿登録者数は1万2704人(男6024人、女6680人)。前回2017年の投票率は、再選挙となった市長選が1回目77.26%、2回目71.65%。市議選は77.25%だった。
広告