時計 2021/01/27 23:00

武下和平さん死去 奄美島唄「100年に一人の唄者」

武下和平さん
武下和平さん
 奄美島唄の代表的唄者で、「100年に一人」と称される伸びやかな歌声で活躍した武下和平(たけした・かずひら)さんが、食道がんのため、25日午後7時40分、兵庫県尼崎市の病院で死去した。87歳。自宅は同市南武庫之荘3の15の32。告別式は28日午前10時、同市南武庫之荘3の16の14の「平安祭典」で行う。喪主は長女かおりさん。

 瀬戸内町諸数出身。父のいとこの故福島幸義氏に島唄を習い、10代だった1949(昭和24)年ごろから人前で歌い始めた。高く澄んだ美声と高音の裏声で知られ、61年「全国民俗芸能大会」に奄美代表の一人として参加。翌年、初のレコードを制作し、94年には国立劇場の民俗芸能公演「諸鈍シバヤと奄美のしま歌」に出演した。

 奄美市名瀬に74年、「武下流民謡同好会」を創立。鹿児島や関西、東京にも同様の同好会をつくり、尼崎市へ移住後も各地に足を運び、多数の後進を育てた。
広告