時計 2021/02/21 13:00

白大島や泥染め、紬の魅力を発信 奄美で展示会

多彩な反物が並ぶ会場=奄美市名瀬
多彩な反物が並ぶ会場=奄美市名瀬
 デザインや市場性を競う「本場奄美大島紬グランプリ」(本場奄美大島紬協同組合主催)などに出品された反物の展示会が13、14の両日、奄美市名瀬の市産業支援センターであった。来場者は92点の色とりどりの作品に見入っていた。

 同組合が産地の活性化を図ろうと毎年開いている。出品した12業者の中から最優秀賞を受けた「夢おりの郷」(龍郷町大勝)の白と青を基調にした反物をはじめ、現代風の白大島、伝統的な泥染めなどの力作が会場を彩った。

 正月などに身に着けるという愛好家の長谷川玲子さん(56)=同市名瀬=は「これだけたくさん鑑賞できる機会は少ない。いろいろな柄があって見応えがあった」と話した。