時計 2021/02/25 06:30

甘くておいしい旬の食材 ソラマメ収穫本格化 指宿

次々と収穫されるソラマメ=指宿市東方
次々と収穫されるソラマメ=指宿市東方
 全国有数の生産量を誇る指宿市産ソラマメの収穫が本格化している。鹿児島湾を臨む畑では24日、採れ立ての緑のさやがコンテナいっぱいになり、春の暖かな日差しを浴びて輝いている。3月末まで続く見込み。

 川畑貴紀さん(52)章子さん(51)夫妻の同市東方の畑には、実の重みで下を向いた長さ20センチ近いさやが、高さ1メートル超の茎に何本もなっていた。畑は10カ所で計70アールあり、この日は約100キロを収穫。ピーク時には1日約500キロになる。

 例年、首都圏で旬の食材として重宝されるが、今年は新型コロナウイルスの影響で反応がいまひとつという。川畑さん夫妻は「甘くておいしいソラマメができた。ぜひ味わってほしい」と話した。

 指宿市では2019年度、農家600戸が約180ヘクタールで2360トンを栽培し、生産額が約10億4000万円に上った。
広告