時計 2021/02/28 06:00

鹿児島市・2幼児遺体 「3人で一緒に死ぬ」 現場に遺書、無理心中か

事件があったホテルへ捜査に入る警察官=鹿児島市
事件があったホテルへ捜査に入る警察官=鹿児島市
 鹿児島市のホテルの一室で幼児2人の遺体が見つかった事件で、鹿児島県警は27日、室内に残された遺書に「3人で一緒に死ぬ」などと自殺をほのめかす内容が記されていたと明らかにした。部屋のベランダから飛び降りた父親とみられる男性が書いた可能性が高く、県警は無理心中を図ろうとしたとみて捜査している。

 県警によると、26日午後7時ごろ、警察官が4階の部屋に入った際、遺体を見つけた。3歳くらいの男児、2歳くらいの女児とみられる。男性はベランダから飛び降り、救急搬送された。腰や脚などを骨折し、搬送時、意識がある状態だった。

 男性は子ども2人と24日から同ホテルに宿泊。聞き込み捜査の結果、26日午前までは生存が確認されている。県警は遺体の身元の確認を進め、司法解剖して死因を調べている。遺体に外傷があることなどから、男性が2人を殺害した疑いがあるとして、回復を待って事情を聴く方針。

 鹿児島、福岡両県警によると、25日午前、串間市の商業施設でレンタカーが放置されているのが見つかり、福岡県飯塚市の男性(41)が借り主と判明。福岡県警が自宅の集合住宅を訪ねたところ、養子とみられる男児(9)が死亡しているのを発見した。

 男性は子ども3人との4人暮らし。長男(3)、長女(2)とともに所在不明だったが、鹿児島市のホテルに滞在していることが26日確認された。
    
 鹿児島県警は27日、遺体が見つかったホテルを現場検証した。福岡県警と合同で捜査を進めている。
広告