時計 2021/03/03 10:00

牛肉買って3農高支援を 3月23日までクラウドファンディング カミチク

南九州黒牛枝肉共励会に出品された農業高校生が育てた牛肉=鹿児島市の鹿児島食肉センター
南九州黒牛枝肉共励会に出品された農業高校生が育てた牛肉=鹿児島市の鹿児島食肉センター
 カミチクグループ(鹿児島市)は、県内3農業高校の生徒を対象に、オンライン勉強会などを開く応援プロジェクトを始めた。購入型クラウドファンディング(CF)で資金を募り、出資者には各校で育てた牛肉を届ける。

 農業、畜産業界は人手不足や高齢化で苦しく、次世代の担い手である農業高生の学びを支援する狙い。市来農芸高(いちき串木野市)、加世田常潤高(南さつま市)、鹿屋農業高(鹿屋市)の3校で、昨年11月に鹿児島市で開いた南九州黒牛枝肉共励会(カミチク主催)に出品した。

 勉強会では生産、加工、販売までの6次産業化や海外輸出などを学ぶ。各校には、生徒が育てた出品牛の肉を贈り、実際に味わう機会も提供する。

 目標額は50万円で、23日まで募集。各校の出品牛の肉袋(1万円、各30セット)、3校分が入ったプレミアム肉袋(2万円、20セット)がある。詳細はCFサイト「キャンプファイヤー」で確認できる。