時計 2021/03/05 10:00

天文館はちみつ入り、みつばちロゴの焼き印…特製金生まんじゅう、8日から限定販売 鹿児島市の山形屋

天文館みつばちプロジェクト10周年を記念したロゴ入り金生まんじゅう
天文館みつばちプロジェクト10周年を記念したロゴ入り金生まんじゅう
 山形屋(鹿児島市)は、天文館みつばちプロジェクトで採れた蜂蜜入りの金生まんじゅうを「みつばちの日」の8日から限定販売する。天文館の活性化を目的に始まった都市養蜂の10周年を記念した。

 白あんを包む生地に、昨年採れた蜂蜜をたっぷりと使用。同プロジェクトのみつばちのロゴの焼き印を押してある。6個入り390円で各日50組限り。14日まで。

 庶務環境課の船元麻美係長は「ミツバチが住める緑豊かなまちづくりと交流を広げようと、取り組んできた。豊かな蜂蜜の風味を楽しんで」と話した。

 プロジェクトは「We Love 天文館協議会」が主催し2011年にスタート。山形屋とマルヤガーデンズの屋上にセイヨウミツバチの巣箱を設置、市民ボランティアとともに飼育と蜂蜜の採取を続けてきた。蜂蜜は「天文館はちみつ」として両店などで販売するほか、オリジナル菓子やパンに使用している。

 今年も8日に巣箱を設置。9~17日は、山形屋7階ギャラリーで活動を紹介するパネル展を開く。