時計 2021/03/05 22:00

医療従事者向けコロナワクチンの優先接種始まる 鹿児島県内

新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける久々湊智予副院長=薩摩川内市の川内市医師会立市民病院
新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける久々湊智予副院長=薩摩川内市の川内市医師会立市民病院
 新型コロナウイルス患者を治療する医療従事者らへの米製薬大手ファイザー製ワクチンの優先接種が5日、本格的に始まった。鹿児島県内では、薩摩川内市の川内市医師会立市民病院の職員15人が接種を受けた。職員約440人の9割以上が接種を希望しており、平日に1日30人のペースで接種する予定。

 同病院には5日午前、195瓶(975回分)のワクチンが到着した。15人の内訳は医師12人、看護師2人、薬剤師1人。第1号となった久々湊智予(くくみなと・ともよ)副院長兼看護部長(65)は「想像より痛くない。薬が入ってくる感覚もなく一瞬で終わった。万が一かかっても重症化を防げる」と期待した。接種を終えた人は、体調に変化がないか継続して経過を見る。

 県内の医療従事者向けの優先接種は約7万5000人が対象で、825施設で実施する。県健康増進課によると、4月上旬にかけて、搬送や宿泊療養に携わる県職員ら約3000人を含む約2万人に接種する。

 同課の高田弘信参事は「4月以降は高齢者への接種も開始される。関係団体や市町村との連携を深め円滑な接種に努めたい」と話した。