時計 2021/04/07 06:00

鹿児島県職員ら39人、送別会2時間半 「会食は少人数、短時間で」知事呼び掛け徹底されず

鹿児島県庁
鹿児島県庁
 鹿児島県観光課の職員ら39人が3月下旬、鹿児島市内のホテルで送別会を2時間半開いていたことが6日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため塩田康一知事は県民に「少人数、短時間」で会食するよう呼び掛けていた。人事課は「趣旨が徹底されていなかった」と説明している。

 人事課によると、送別会は3月26日午後6時半から9時にあった。当時の観光課長やPR・観光戦略部長ら県職員29人と、県観光連盟の10人が出席。会場は200人収容できる広さで、入場時に検温した。テーブルはアクリル板で区切られ、一人ずつ料理が運ばれた。飲み物の交換も全てスタッフがした。

 県は昨年12月、職員に対し、懇親会を開く際は店側の感染対策の確認や、参加者の連絡先把握を徹底し、人数や会場の広さを考慮するよう周知。ただ具体的な人数や時間の制限は設けていなかった。

 塩田知事は3月18日の記者会見で「(会食は)国の方針を踏まえ4人以下を目安に」と述べており、「県民に不快な思いをさせたことは申し訳ない。改めて職員に感染防止対策を具体的に示し、徹底を図る」とコメントした。
広告