時計 2021/04/07 23:00

コロナ下、鹿児島大が入学式 出席は代表の22人のみ

新入生を代表して入学式に臨む学生ら=7日、鹿児島市の鹿児島大学
新入生を代表して入学式に臨む学生ら=7日、鹿児島市の鹿児島大学
 鹿児島大学の入学式が7日、鹿児島市の郡元キャンパスであった。新型コロナウイルス感染防止のため、新入生は昨年の2人に続き代表のみの出席で、22人がマスク姿で参加した。ほかの新入生や保護者のため、式の様子はインターネットでライブ中継した。

 9学部、9大学院研究科に計2526人が入学。式は演奏や教員紹介を省略し、例年より15分短い30分間実施した。医歯学総合研究科のモハマド・ファリッド・ラットマンさん(33)=インドネシア出身=が「学問の研究と技術の習得に専念し、社会の期待に応えることを誓う」と宣誓。

 佐野輝学長は告辞で「ウィズコロナの状況が続く中、真の知識を身に付け、挑戦し、世界に羽ばたいてほしい」と祝福した。

 水産学部の池袋日香莉さん(18)は「友人と顔を合わせられずさみしいが、式典開催や受験を支えてくれた人に感謝」と語った。

 県内では16日までに全10大学・短大が規模を縮小して入学式を行う。