時計 2021/04/08 07:00

新たな感染は10~80代男女16人(鹿児島市11、鹿屋1,霧島1、肝付1,龍郷2) 新型コロナ・鹿児島7日発表

 鹿児島県と鹿児島市は7日、新型コロナウイルスの感染者を新たに16人確認したと発表した。うち市が発表した50~80代の女性6人と、5日に感染を公表した50代女性の計7人を、同市のサークル活動で発生したクラスター(感染者集団)と判断した。県内のクラスターは同市の接待を伴う飲食店で確認された3月26日以来で、28例目となる。

 市によると、クラスターの7人はいずれも同市在住。年代別では50代と70代、80代が各2人、60代が1人で、全てサークルの参加者だった。7日発表の6人は50代女性の接触者として6日にPCR検査を受けた。80代女性1人が無症状で、残り5人は発熱やせき、のどの痛みなどの症状がある。

 7人は同じ日に屋内でサークル活動を行い、活動中はマスクを着用していた。市は感染経路について、休憩中に飲み物を取る際にマスクを外して話す場面があったことを挙げた。市はサークルのメンバーが特定されており、接触者も追跡可能としてサークル名などは公表しなかった。

 このほか市が公表したのはいずれも同市在住の男性で10代1人、20代2人、30代1人、50代1人の計5人。10、30代の2人は同市の接待を伴う飲食店で発生したクラスター関連だった。

 県が発表したのは鹿屋市の10代男性、龍郷町の20、30代女性、霧島市の20代女性、肝付町の50代女性の計5人。龍郷町の30代女性は3月30日に発症し4月6日に検査を受け、同町の20代女性が濃厚接触者として検査を受けた。同町での感染確認は昨年11月5日以来。

 県内の累計感染者数は1886人。6日時点で32人が入院しており、うち中等症4人。宿泊施設に34人が入所している。死者28人を含めた退院・退所は1803人。